施工実績
無人噴霧機を使った「一括全面・無人噴霧」ハイ・アス工法の施工実績はこちらから
施工実績はこちら

アスベストについて


耐熱性、電気絶縁性、保温性に優れたアスベスト(石綿)は、その優れた特性を活かし、20世紀に入る頃から、建物の断熱材や防火材、電気絶縁材、機械などの摩擦防止用などに大量に使用されて来ましたが、1970年代に入ると、人体や環境への有害性が問題になりました。

アスベストの繊維1本の細さは、大体髪の毛の5,000分の1程度。
アスベストは天然に産出する綿状・繊維状の岩石で、ギリシア語で「不滅のもの」を意味します。
羽毛のような手触り、絹のような光沢をもちながら、グラスファイバーに匹敵する強さをもち、その軽さとしなやかさとは対照的に、燃えず、薬品に侵されず、熱や電気に対する絶縁性や防音性も高いという、多くの優れた特性をもっています。その上、非常に安価であるため、産業界では「奇跡の鉱物」として重宝され、建設資材、電気製品、自動車、家庭用品等、様々な用途に広く使用され、現在約3,000種類の製品となって私たちの身のまわりをとりまいています。

アスベストの種類

しかし、1970年代に入り、空中に飛散した石綿繊維を長期間大量に吸入すると、塵肺、肺線維症、肺癌、悪性中皮腫(ちゅうひしゅ)の誘因となることが指摘されるようになりました。

アスベストは口や鼻から吸入されると、長い繊維(5~100ミクロン)は終末気管支に留まって、そこから気管支壁を突き破って進入し、胸膜下へ移行し蓄積します。そこで食細胞が作用し、数日後には鉄を含むタンパク質によって覆われます。短い繊維は吸入後、喀痰として排出されますが、一部は食細胞にとりこまれ肉芽腫の中心となって周辺に繊維化がみられます。口から摂取されたものは、消化管を貫通して腹膜に到達します。

日本においては、アスベスト含有製品生産や建設作業に携わっていた作業者の健康被害に対する補償が行われてきましたが、2005年にアスベスト含有製品を過去に生産していた工場近辺における住民の健康被害が、それに対する救済措置の不備とともに問題として報道されましたが、現在でも有効な治療法が確立されていないのが事実で、最大の予防策は「吸引しないこと」です。


資産除去債務について


建物内部のアスベストによる被害は、住人や利用者の健康を脅かすリスクはもちろん、建物自体の資産価値評価を下げ、不動産経営を悪化させるリスクをはらみます。また、風評によるブランド価値の低下、損害賠償の発生なども予測でき、企業経営に多大な影響を及ぼします。

これを受け、2011年3月期より、アスベストを使用している建物に対して、国際会計基準とのコンバーションを目的とした『資産除去債務』の計上が強制的に適用されます。これまで薄外債務にあった「環境債務」はオンバランス化され、資産除去債務を合理的に見積もった上で財務に計上しなければならなくなりました。

住人や利用者の健康と安心を確保し、建物の資産価値を守るには、アスベストを完全除去することが理想です。しかし実際には、“対策済み”とされている建物内部でも、従来工法では実施や解決が困難な場所にあるアスベストは、事実上「無策」のまま放置されているケースが多々あることが判明しています。


ハイスペック・アスベスト封じ込め工法


私たちの提供する「ハイスペック・アスベスト封じ込め工法」=「ハイ・アス工法」は、無人噴霧機を使って、建造物に使用されたアスベストを全面一括で封じ込める特種工法です。
従来工法では困難だと言われている、入居中・テナントと来店客・周囲環境・作業者に掛る負担を少なくし、低コストで短期間に対策が可能です。

手作業では施工のできない、パイプスペースやエレベーターシャフト、ボイラー室など、人が入れないような狭い場所、悪環境への施工を可能にし、周辺環境や施工作業者の安全を確保します。
無人噴霧は、施工対象スペースの解体や下準備の必要性を最小限に抑えることができるため、アスベストを除去したり、囲い込みをする工法よりもコストを抑えることができ、無人噴霧機を使用するため、作業員が作業中に粉塵を飛散させるような心配もありません。

アスベストが張り巡らされた空間に、国土交通省認定の封じ込め剤を散布。その際、「エアフォグアトマイザー(均一粒径ミスト噴射器)」という、(独)宇宙航空研究開発機構JAXAがライセンス持つ特種機械のノズル部分のみを設置し、空間内を一括全面噴霧、まったくの無人状態で施工をします。

アスベストが本来持つ、耐火性、防火性など、その使用目的を一切損なうことなく、建造物の「癌」とも言えるアスベストのみをしっかりと封じ込め、低コストで安全な工法を、実績ある専門の作業員が施工する。それが私たちの提供する「ハイ・アス工法」です!!