施工実績
無人噴霧機を使った「一括全面・無人噴霧」ハイ・アス工法の施工実績はこちらから
施工実績はこちら

一括全面・無人噴霧
ハイ・アス工法 施工の流れ


封じ込め作業を行うにあたり

石綿則第1条第1項 第2項
建築物等に吹き付けられた石綿等の状態の点検
使用頻度の高い施設:月1回石綿の状態を点検し、記録する。
使用頻度の低い施設:6ヶ月に1回石綿の状態を点検し、記録する。(必要に応じて粉じん測定を行う)

石綿則第10条第1項
付着状態(状況)確認
劣化、損傷、剥離など 不良な状態でなく、付着強度約20g/cm2以上あれば「封じ込め」による石綿粉じんばく露防止対策を講じることが出来る。

計画(新工法) 計画(新工法)従来の封じ込め工法に比べ新工法は、
労働者へのばく露防止◎工期◎費用○
すべてにおいて満足の行き届いた工法である。
施工条件等 ビル、店舗、住宅、など 除去作業できないなど特別な条件が有るところや、
1フロアーのごく一部の改装だけで費用や日数をかけたくない場合等に
用いることを目的として提案する。

準備 1.事前調査 現地による目視での状態確認等
2.届出所轄(労働基準監督署、役所など)
3.作業主任者の選任
4.石綿使用の有無の調査記録の掲示
5.当該作業員以外立入禁止等の表示
6.作業前の石綿粉じん濃度の測定(必要に応じて)
7.休憩所の設置
作業場所の隔離 1.作業前の清掃(HEPAフィルタ付真空掃除機)
2.既設天井の開口や目地のシール(密閉対策)
3.既設天井の開口(φ120~200)数箇所
4.保護マスク 真空掃除機(HEPA付)を近傍で使用
5.封じ込め剤(粉じん飛散防止剤)の吹き付け準備
6.負圧集じん機の設置
旧 床、壁の養生(プラスチックシート)
  これまでの複雑な養生が一切不要 劇的な工期短縮ができます
旧 セキュリティゾーンの設置(更衣室・洗浄室・前室)
  作業員出入りの際の管理や作業員暴露の恐れもなくなります
  風評被害やコストの面からも有用性大
封じ込め作業 1.労働基準監督署、環境局による立入検査
2.石綿粉じん濃度の測定(排出口等)(作業場必要に応じて)
3.作業場の換気(負圧集じん装置稼働)
4.無人噴霧器による天井懐内での封じ込め
後片付け 1.既設天井の開口や目地のシール(密閉対策)撤去
2.既設天井の開口跡(φ120~200)閉塞処理、復旧作業
3.保護マスク 真空掃除機(HEPA付)を使用
4.石綿粉じん濃度の測定(必要に応じて)
旧 足場養生シート撤去
  足場は区画の外で使うので養生はいりません
旧 足場の解体
  天井内で吹付を行うので原則高い足場は必要ありません
旧 床、壁の養生シートの撤去
  そもそも養生自体、ほとんど行わない工法ですので撤去手間がありません
旧 床、壁の養生シートの廃棄物処理
  原則養生はほとんど行わないので廃棄物が少量です
廃棄物の処理 記録 維持保全 1.排気ダクト等少量物(特別管理産業廃棄物)
2.40年保存
3.石綿則第10条第1項に準す

※(旧)表示の部分は在来の工法では必要です。

こんな所にも活用できます
複雑な空調機械室 / 体が入らないシャフトスペース / エレベーターシャフト など