一括全面・無人噴霧 = ハイ・アス工法とは

私たちの提供する「ハイスペック・アスベスト封じ込め工法」=「ハイ・アス工法」は、無人噴霧機を使って、建造物に使用されたアスベストを全面一括で封じ込める特種工法。

パイプスペースやエレベーターシャフト、ボイラー室など、人が入れないような狭い場所、悪環境への施工を可能にし、周辺環境や施工作業者の安全を確保します。

安全で低コストなアスベスト対策

無人噴霧は、施工対象スペースの解体や下準備の必要性を最小限に抑えることができるため、アスベストを除去したり、囲い込みをする工法よりもコストを抑えることができ、無人噴霧機を使用するため、作業員が作業中に粉塵を飛散させるような心配もありません。

アスベストが本来持つ、耐火性、防火性など、その使用目的を一切損なうことなく、建造物の「癌」とも言えるアスベストのみをしっかりと封じ込め、低コストで安全な工法を、実績ある専門の作業員が施工する。 それが私たちの提供する「ハイ・アス工法」です。

ハイ・アス工法のメリット

アスベストが張り巡らされた空間に、国土交通省認定の封じ込め剤を散布。アスベスト内部に固化剤を浸透させ、粉じんが飛散するのを抑えます。作業のための足場は必要なく、最低限の養生で施工するため、コストと工期を抑えられ、店舗や工場であれば休日や夜中での対応が可能です。

高い安全性

photo_210306_1photo_210306_1

アスベストに直接触れる必要がないため、対策時におけるアスベストの飛散、粉塵から、作業員や周辺環境を守ることができます。

低コストな対策

photo_210306_2photo_210306_2

一括全面・無人噴霧だから、短い工期と、最低限度の作業員数で実施が可能。産業廃棄物が出ないため、処分費もかかりません。

防音・防火はそのまま

photo_210306_3photo_210306_3

解体・除去する工法ではないため、アスベストが本来持つ、耐火性・防火性など、その使用目的を一切損ないうことがありません。

安全とコストを両立する信頼のアスベスト対策

アスベストが張り巡らされた空間に、国土交通省認定の封じ込め剤を散布。その際、「エアフォグアトマイザー(均一粒径ミスト噴射器)」という、(独)宇宙航空研究開発機構JAXAがライセンス持つノズルを装填した特種機械を設置し、空間内を一括全面噴霧、まったくの無人状態で施工をします。

均一粒径ミスト状薬剤を噴霧することにより、人の手が入らないような空隙部や、アスベスト粉塵の付着状態などが目視で確認できない場所での施工が可能。

空気中に浮遊しているアスベストの粉塵も薬剤が捕獲し、柱や梁に吸着させるため、作業員が入って施工を行った場合に比べ、周辺環境へ与える影響を最低限にまで抑えることが可能です。

「ハイ・アス工法」を用いれば、対策の遅れてきたエレベーターシャフト内部や、人手の入らない空隙部、短期工事を要求される使用頻度の高い建築物などのアスベスト対策を、安全で安く、スピーディーに行うことが可能です。

PAGE TOP
MENU